飲食は暴力!-韓国のヴィーガン-

 韓国ではヴィーガン(完全菜食主義者)の女性が、焼き肉店で食事中の客に向けて「(動物を食べる事は)飲食ではなく暴力だ」と抗議活動を、行っているようですね。

この行為自体は過激で、とても賛同できたものでは無いですが、彼女らの主張は、あながち間違いでも無いとも思います。
ネット上でも賛否両論といったところでしょうか。
ちなみに私は、お肉は美味しく頂きます。

    ヴィーガニズム(英: veganism)または絶対菜食主義(ぜったいさいしょくしゅぎ)は、動物製品の使用を行わない生活様式である。 エシカル・ヴィーガニズムが動物の商品化を否定し、あらゆる目的での動物製品の使用を拒否するのに対し、ダイエタリー・ヴィーガニズム(純菜食主義)は食事から動物製品を排除するだけにとどまる。また、エンバイロメンタル・ヴィーガニズムと呼ばれる別の一派は、畜産業が環境を害しており持続可能でないなどの考えから、動物製品の使用を拒否している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 ヴィーガンにも、さまざまな主張があるようです。
では、私が肉を食べるのは暴力でしょうか?
・・・暴力ですねw 牛さんも、豚さんも望んで命を差し出している訳では無いはずなのに、無理やり命を奪って食するのだから、暴力だと思います。
彼女らの主張は正しい事になりますね。

ではでは、ライオンがウサギを食べると暴力でしょうか?
・・・暴力だと思います。物理的に強い力で命を殺めて食する行為なので暴力だと思います。

ではではでは、これらの「食するための暴力」=「悪」でしょうか?
もし悪であれば、ライオンや虎は悪の動物で、牛や馬は善の動物でしょうか?
これは違うと思います。
これまで「捕食」は自然界で当然起こりうる事象として捉えられてきたからです。

つまり、今回の韓国での出来事を観て、私が思うのは「彼女らの主張は正しいが、現状、肉を食べる事が悪ではない」です。
(彼女達の主張の手段は問題ありと思いますがw)
人間は雑食動物で動植物選択できちゃうから、意見が割れて厄介な事になるんでしょうね。

 私たちが、尊厳ある命を食べている事について、考える機会になれば、彼女らの主張は意味のあるものになるのではないかと思います。

 今日、私の目の前の皿にのっている肉は、数日前まで牧場で草を食べていた「命」であることを忘れがちです。

 日本では、バラエティ番組で、満腹になっても食べ続けクイズに正解するまで帰れまてん・・あっ、間違えた、帰れません。とかやってましたよね。
タレントがクイズに正解するまで動物の死体が増えるって事ですよね。
 鶏の死肉を美味しそうに食べるCM(言葉が悪いw)をやってるかと思ったら、公園の鴨に矢が刺さってると大騒ぎ。
 猫が怪我してたら「かわいそう」ってニュースになるのに、マグロは殺されて、解体をショーにされる始末。
 人間様が「食べる」事って、そんなに神聖な事なんでしょうか?
倫理的に何が正しいのか分からなくなる時があります。


↑このブログは、さくらレンタルサーバーのスタンダードプラン(515円/月)でワードプレスを使用して作成しています。簡単にブログを始められますよ!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.