スタッフ笑いが気になります!

 先日「マツコの知らない世界」を観て思ったのですが・・・
(以前から他のバラエティでも思っていたのですが)
スタッフ笑いが多すぎて内容が入ってきません。
ちょっと気になったので、ググッてみました。

———————————————————————————–
録音笑い(ろくおんわらい)ないしラフトラック(Laugh track)とは、テレビ番組・ラジオ番組制作における音声編集の技法の一である。バラエティ番組・コメディ番組などにおいて、収録した映像・音声に笑い声などの声を後から重ね録りすることにより、あたかも番組を見ている観客がリアルタイムで笑っているような臨場感を出し、それにより視聴者の笑いを誘起しようとするものである。エキストラの笑い声バージョンともいえる。
                        出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
————————————————————————————

ドリフで、おばさんの笑い声を足したのが最初と聞いた事がありますが、ひょうきん族では男性の笑い声になってたように思います。
つまり、約40年同じ手法が使われている訳ですね。

これって、誘い笑いですよね。
タレントが、たいして面白く無いコメントしてても、製作側が「ハイ、ココ笑う所ですよー」と指定したい所に機械の笑い声を足して、つられた視聴者が笑ってしまうといった仕組みです。

 関連して思うのが、「えーー!」とか「おーー!」とか女性の声が足されている事も多いですね。
これらは、驚きや、感心を製作側が指定して、視聴者が、つられて、驚いたり、感心したような気になる、といった手法ですね。

 こんな事も考えていると、更に番組の内容が頭に入ってきませんw
みなさんは、「面白い所」「驚く所」を操作される事なく、自分で決めることが出来ていますか?

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.